MFG東日本・西伊豆大会

 3月3日(日)は「ひな祭り」。日本では、女の子のすこやかな成長を祝う節句です。
ちなみに、翌日の3月4日は私の誕生日・・・それは、さておき。その、3月3日にMFG東日本主催で行われた西伊豆大会へ参加してきました。

 当日の早朝、まだ夜が明けきらない深夜3時、大会の受付会場である松崎新港に到着すると大会関係者や多くの釣り仲間が集まっていました。今回参加のウキ工房メンバーは、代表の岡田さんを始め、山形庄内からは秋野さん・佐藤さん。福島からは国井さん・渡部さん・安部さん。愛知の鈴木さん。群馬の角田さん。伊豆支部の高橋さん。そして、関東支部から北村さん・加藤さん・田中君・そして私・・・と各地から10名を超えるメンバーが集まりました。

受付を済ませた後、ホームグラウンドでもある仁科へ移動し出船準備。いつもお世話になっている恵漁丸さんへ荷物を積み込み出船しました。白島・カキハラ・フジ鈎・犬島など、各所に散らばり釣りを行いました。私を含め、福島の国井さん、関東支部の加藤さん、田中君は白島へ渡りました。

国井さんはマダイ狙い?とのことで、ヤゴベイ側の内向きに釣り座を構え、沖向きのセイ島側から田中君、加藤さん、そして一番北側に私の順で入りました。私の釣り座は、船付けから山を登り越えさらに山を降りて一番遠い場所・・・。磯の形状で全体的に足場の悪い白島では、荷物を持って釣り座を構えるだけで一苦労です。

 釣りを開始する前に汗だくになって、やっと釣りを開始。潮は北に向かって流れる上り潮で、沖にある沈み根に向かって流れていくので潮の流れる早さ次第ではちょうど良い潮なのだが。

 当日のタックルは、シマノ1.5号竿にテクニウム2500番。ラインは、サンライン 磯スペシャルマスラードUの2号に松田競技SPブラックストリーム2号の2号通し。ハリは金龍鉤の伊勢尼5号。

このシーズンは、大型口太狙いなのでタックルも強めのセッティングでスタート。

 ウキは、私のお気に入り「デルタEX S(ピンク)G3」をセットしました。開始早々、コマセを撒いてもエサ取りは見えず、セオリー通り足元から探っていくも反応なし。その後、コマセは足元に入れながら仕掛けの投入点を変えて流しかえるも反応なく・・・。

 水温が下がったせいか?前日の情報よりもかなり魚の活性が低いと判断し、狙いも沈み根ギリギリを流しタナも竿2本と深くした。その結果、ファーストヒットはタカノハダイ。しょっぱなから悪い状況の洗礼を受けてしまった。その後もアタリは無く付けエサも残りっぱなし・・・。

 今度は、仕掛けを沖目に投入してその潮下に大量のコマセを入れて流していくと、仕掛けが立ってハリスが張った後にウキがゆっくりシモリ始めた。そこで、仕掛けの流れを止めながら付けエサ先行でウキを沈めながら仕掛けを張り気味にして根際を根掛かり覚悟で流していくと、「クンっ」と穂先をわずかに引っ張る反応が!そこで、仕掛けの流れを止めて待つ事約5秒、竿先にハッキリとした魚の引きが現れると同時にゆっくり巻き上げ竿の胴に乗せる感じで大きく合わせを入れた。

 「乗った!」

 先程釣ったタカノハダイとは違う強い引き込みを何度か交わした後に水面に現れたのは40cm近い口太メジナ。久しぶりのタモ入れに多少もたついたが、落ち着いて無事にタモに収めた。その後も同じように狙っていくが、釣っても釣ってもタカノハダイ・・・

 そんなかんだで気力も体力もなくなり・・・タイミング良く?お昼前に恵漁丸さんが磯に届けてくれたお弁当を、白島の頂上で仲間同士輪になって「今日は(も)釣れね~~」と談笑しながら食べ、お腹も一杯になったので釣りを終了しました。

港に戻ると、各釣り座共に苦戦したようだが良型のメジナの姿も多く見られたので一安心。

 大会の検量会場でもある松崎新港に戻ると、48cmの大型メジナをはじめ多くの40cmを超えるメジナやクロダイが検量されていました。閉会式が始まり、岡田さん・秋野さんもご挨拶。

皆さんのトークも楽しくお楽しみ抽選会やじゃんけん大会もあり、釣果が悪くても楽しめてお土産が貰えるのがMFGの大会。そんなかんだで、大会も終了しましたが、状況が悪くても多くの魚がいる西伊豆の持っているポテンシャルの高さを改めて感じられました。

 余談ですが、翌日も居残りをした山形&福島組のメンバーですが、二日目も仁科で渡船し、1人あたりのメジナの数は510枚でしたがサイズは43cm×3枚に40cmオーバー11枚と、良い釣りをして帰って行ったとさ・・・(笑)